受講生の声


 

育児をしながらでも学べた

そのスキルや経験はとても貴重です

 

Hiroさん    

特別支援学校教員30代)日本在

資格を取ろうと思ったきっかけは?   

今後のイギリスでの生活の可能性を考え、日本にいる間にイギリスで使える資格を取得できればと思ったのがきっかけです。

 

受講はどうでしたか?

保育士としての経験がなく、全く無知からのスタートでしたが、ちょうど第1子を出産した頃だったので、本当に身近で必要な知識をタイムリーに得ることができました。

 

イギリスのナーサリー実習は、全く新しい環境なので心配もありましたが、働いている方々や子どもたちはとても親切で、安心して実習にのぞむことができました。イギリスで直接英語に触れながら、現地の子ども達と関わって実習できたことは、とても貴重な体験です。

 

自主性を伸ばすイギリスの教育を、日本の小学校の授業づくりの参考に

 

Keisukeさん

教師(20代)  日本在

資格を取ろうと思ったきっかけは?

私は大学で保育を専攻していたので、保育園や幼稚園で実習をしたり、日本の保育制度を勉強していました。そのうち、日本の保育と海外の保育の違いを知りたい、今の保育の強みや弱みを知りたいと思うようになりました。そうすれば、自分が教育に携わる上で良いところは伸ばしていき、足りないところはどうすればよいのか参考にできると思い、資格を取得することに決めました。

 

受講はどうでしたか?

イギリスのナーサリー実習では、実にたくさんの日本との違いがありました。中でも1番心に残っていることは子どもの自主性を大切にしている点です。
実習中子どもは、自分のやりたいことや意見を伝えてくることがとても多かったです。それを実現するためにはどうすればよいのかを考える姿も見ることができました。また、子どもの自主性を育むための先生の声かけや環境づくりがなされていたことに1番違いを感じ、強く印象に残りました。そしてそれが、今の日本の教育の弱みを感じた点でもありました。

 

今現在は?

私は今、小学校の教員として働いています。イギリスのナーサリー実習で学んだ自主性を、学校の授業でも伸ばせるように、自分の意見を大切にしたアクティブラーニングを実践しています。これからも自主性を育むための授業づくりをしっかり心がけていきたいです。

 

 


 

きっかけは、ちょっとした興味本位

それが今、教育の世界観を広げることに

つながっている

 

Shigekoさん

保育士40代) 日本在

資格を取ろうと思ったきっかけは?

保育関係の検索をしていたら偶然この資格のサイトを見つけました。最初は興味本位で拝見していたのですが、そのうちに日本と海外の保育では何が違うのか、とても興味が湧いてきたんです。この資格コースは、日本とイギリスの保育教育を比べる良い機会になると思い、受講を決めました。

 

受講はどうでしたか?

通信教育のような自宅学習とスクーリングがありますが、レポート提出期限も余裕を持って設定できたので、仕事をしながら無理なく受講することができました。私の受けたスクーリングは週末に一日がかりで臨むものでしたが、受講内容も分かりやすく和んだ雰囲気で受けることができました。

イギリスでの保育実習では、スタッフがサポートをしてくださったおかげで安心して取り組むことができました。大変なこともありましたが、海外の保育園の雰囲気を実際に体験することは、人生においてとても貴重な経験。日本と海外のそれぞれの保育の良さ、両国の教育の観点の違いなど多くの事を学ぶことができました。

海外の教育について学び、自身の保育と照らし合わせ、教育の世界観を広げることにつながったり、実際の保育実践にしっかり活かせると思います。

 

今現在は?

子ども達とじっくり一つの事に取り組んでみたり、子ども達一人ひとりの個性が尊重できるよう自分の対応のやり方を個々に変えてみたりするなど、イギリスの保育理念を取り入れて学んだことを活かしています。おかげで受講前より、周りをよく観察してじっくりと対応できるようになりました。今でも日本の指導要領と共に、資格コースのテキストも参考にしながら保育活動に取り組んでいます。 

 

知識や経験もないゼロからのスタート

不安だらけだった実習も、やり切った後に強い自信へつながった!

 

Rumiさん

学童保育指導員(20代)日本在

資格を取ろうと思ったきっかけは?

子どもが好きで、大学で心理学を勉強していた時に心の発達やそれ以外の発達に興味を持ちました。また、母が保育士だったこともあり、子どもたちと関わる仕事がどんなものか知りたいという気持ちもありました。そんな時、Facebookでこの資格コースの説明会の記事を見つけて、早速説明会に参加したところ、私の好きな英語を使ってグローバルな子どもたちと触れ合いながら勉強できる機会だと確信し、受講を決意しました。

 

受講はどうでしたか?

初心者で全くの未経験だったので、受講前は保育園のイメージすらできていませんでした。また、実習は海外ということもあり、怖気づいてしまい不安だらけでした。実習が始まってからは、とにかく目の前のことを消化するのに必死で、1日の反省をした時に活動中には様々なことに気づけない自分が悔しくて苦戦することもありました。
しかし、アセッサーの先生や現地の先生方が、優しくご指導してくださったり相談にのってもらえたことで、少しずつ慣れていき、安心して学べるようになりました。
英語でのコミュニケーションは不安でしたが、先生方が子どもたちにする声かけ、手遊び、読み聞かせなどを行なっている姿を実際に見て、まずは真似してみることから始めました。そうすることで次第に自分自身に落とし込むことができたのは大きな収穫でした。
そのことが良い刺激となって、子どもたちと関わることや英語も楽しめるようになり、とても勉強になりました。イギリスの保育現場において、子どもたちがどのように日々成長しながら過ごしているのか、先生方はどのように関わっているのか、こういった現地でしか味わえない経験ができたことは、今の私の強みとして自信になっています。


 

今までの仕事と育児の経験を

活かしたい!

 

Rinaさん

保育士(30代) イギリス在

資格を取ろうと思ったきっかけは?

出産と育児がひと段落してまた仕事を始めようと考えていた時に、保育士コースの受講を決めました。結婚前には日本のインターナショナルスクールやイギリスで幼稚園アシスタントとしての仕事経験が4年ほどあり、また自分でも育児をしてきました。そういった経験を是非将来に活かしたいと思ったからです。

 

受講はどうでしたか?

育児に関しては知識があっても、保育に関しては始めて学ぶことも多くとても為になりました。
コースの中では、イギリスでの保育の基本となる指針をはじめ、規律やカリキュラムについても学びます。講義に参加したり、自分で本やインターネットを通じて知識を深めながらレポートを完成させていきます。

実習では、実際の保育施設で自分が計画した遊びや活動を子どもたちと一緒に行います。アセッサーが評価していると思うと緊張するので、それはなるべく考えないようにしていました()。 子どもの反応によって、悩んだりすることもありましたが、実習後にアセッサーの評価やアドバイスを聞くことで、次の実習ではもっと上手くやるぞという前向きな気持ちになれたのを覚えています。

 

今現在は?

資格の取得とほぼ同じ時期に、ロンドンの保育施設で仕事を得ました。そこで、保育アシスタントとして勤務しています。イギリスでの保育資格の学習と取得を通じて自信がつき、保育に限らず様々な事に興味や意欲が増した気がします。